ホーム > 社会活動 > 個人再生のメリット・デメリットはどんなもの?

個人再生のメリット・デメリットはどんなもの?

個人再生は債務整理でのうちの選択肢のひとつであり、無理なく借金を完済するための手段であります。

 

借金に困っていて債務整理をしようか迷っているが、債務整理のことがよくわからないと言う方に見て個人再生のことをわかって頂ければと思っております。

 

 

 

個人再生のメリットとは?

 

 

 

住宅ローンや他の財産があってもても自己破産とは違い

 

手放さないで自分が所有し続けられる。

 

 

 

借金が大幅に減り金利が無くなる。

 

 

 

ギャンブルなどで借金をしてしまった場合でも手続きは可能。

 

自己破産の場合はギャンブルでの借金を認めてもらうことは少ないです。

 

 

 

過払いが発生している場合は過払い金が戻る可能性がある。

 

 

 

個人再生のデメリットとは?

 

 

 

5年~10年の間はローンを組むことやクレジットカードが作れなくなる。

 

 

 

官報(新聞)などに掲載されてしまう。

 

 

 

債務整理の手続きの中で個人再生の手続きは最も複雑で難しい為に

 

時間と手間がどうしてもかかってしまう。

 

 

 

任意整理とは違い、一部の消費者金融を除外して手続きすることはできず

 

 

 

全ての金融業者や他の業者も纏めて整理されてしまう。

 

 

 

このように月々の安定した収入があり、個人再生手続きが完了後も

 

 

 

安定して支払いができるのであれば、個人再生は自分にとって負担が無く

 

 

 

自分にとってとても大きなメリットがある手続きだとおいます。

 

 

 

しかし、デメリットでも説明した通り人の目に触れてしまう為に家族や知り合いに気が付かれて

 

しまう可能性があったり

 

 

 

手続きが複雑で時間と手間がかかってしまうというデメリットがあります。

 

 

 

その点のことも踏まえて自分がどの債務整理方法、あるいは借金を減らす方法がベストなのか考えてみるとよいでしょう。

 

 

 


関連記事

  1. 個人再生のメリット・デメリットはどんなもの?

    個人再生は債務整理でのうちの選択肢のひとつであり、無理なく借金を完済するための手...

  2. テスト

    テスト記事です。...