ホーム > 文化教養 > しっかりと査定する

しっかりと査定する

いよいよエントリーする時という場面では何をおいても下準備を怠ってはならない。

 

取引を行う前であったならば、場面を理性的に調べる事ができる余地があります。

 

だけれども、いっぺん市場の内側に飛び込んでしまうと受け取り方が自分勝手なものになり時としてしっかりとした状況判断ができなくなる恐れが生じる。

 

それだけに自分の考え方が冷静な場面で、正しく準備が必要です。

 

"準備"のためには、まずはあなただけの筋書きを作成する事から開始します。

 

今後の投資状況はああだから、円をエントリーするというように、あなたなりの台本を書いていきます。

 

次にチャートをチェックしましょう。

 

これまでの市場の推移を確認して今現在の位置を見ます。

 

すると、「現在はなかなか低い水準である」など、もしくは「とっくに大方の人が買い(あるいは売り)に動いているから、これから先大急ぎで売り(または買い)しても今はもうなすすべがない」ということが見えてきます。

 

今はもう買い(または売り)するのが遅いと思ったら仕かけないで、その状況ではすっぱりと諦めることが大切です。

 

どう工夫しても自分自身の筋書きを引き下げないで強引にトレードすると相場にやられてしまい逆に為替差損を受けることになるリスクがあります。

 

とは言うもののたいがいのケースで準備が出来ている自分のストーリー展開を思い描いていると、エントリーがなすすべがないという具合にはなることはありません。

 

大方、本格的に為替相場が上げ下げする前のはずです。

 

次は、当面はあなた自身がとろうと考えているポジションの動きを、ちゃんと確認する事が大事です。

 

例えばドル高に向うはずだというストーリー展開を作ったのであれば、その通貨の上げ下げに注目する事が大切です。

 

外国為替市場の上下動を注目し始めた状況では、該当の外貨は目立って推移する雰囲気を見せることはなく上や下に細かい上下動をしているだけでしょう。

 

しかしながら、その変化をちゃんと確認していると、ある場面でじわじわと、円安の方向へと相場が動き始めます。

 

そこでいよいよ、ドルの取引します。

 

普通、ここまで注意深く用意を考えておけば、そのトレードで勝てる割合はかなり高くなるはずです。

 


関連記事

  1. 上司と

    職場恋愛ってまるでテレビのドラマのようであこがれてしまいます。 まさに私の同僚が...

  2. しっかりと査定する

    いよいよエントリーする時という場面では何をおいても下準備を怠ってはならない。 &...

  3. テスト

    テスト記事です。...