ホーム > 日記 > マイナスになる確率

マイナスになる確率

実際にノートパソコンの前に座っていつも変動している相場を見てしまうとどことなく売り買いをしなければいけないという抑えようのない気持ちが生じる状況も多かったりします。

 

しかし、あやふやな考えでエントリーすることは、避ける必要があります。

 

知っての通り、外国為替相場は1日中、どういう時でもいずれかの国でマーケットは開かれているし為替相場も常時変動している。

 

だからといって、何回も売り買いをしていると、その回数分だけマイナスになる確率が上がってしまいます。

 

言うまでもなく、売り買いの回数を経験することによって、結果的に勝つ確率が50%、50%になっていきます。

 

でもその事実は「ぼんやりとした勘でトレード」とは話が違います。

 

注文回数を積み重ねるという意味は「ここで勝負」と思える勝算を得たケースでの取引回数を重ねるという事です。

 

理由がなく、休む間もなくエントリーを積むのとは明確に違います。

 

外国為替市場の駆け引きに負けないためには己で意識的にけじめをつけることこそが大事だ。

 

「ここは勝てる」と感じた相場の時には、思い切って保持ポジションを増やして、覚悟を決めて儲けを狙います。

 

「ちょっと悩ましい為替相場で、どう推移するのか読めないな」と思い至った時は、いっそのこと持っているポジションを諦めて黙っています。

 

これくらいのけじめをつけた方が、結果的に取引は勝てます。

 

外国為替相場の金言には「休むも相場」という言葉があります。

 

まさに言葉どおりだと感じます。

 

FXとは、いかなる時でも売買ポジションを持つことが大切ではなくポジションを所持せずじっと待っている事も場面によっては相場なのである。

 

それならば、どういう時に、休むといいのでしょうか。

 

最初に言われるのが前述したように、直近の為替相場が難しいときです。

 

ここからドル高になるのか、ドル安になるのかが明確でない時は考え無しで行動すると、考えた脚本とは逆の方向に相場が変化してしまい、損をする事になります。

 

だから、こんな場面ではポジションを減らして黙ってみているだけがいいと思います。

 

もうひとつは、自分自身の健康状態がよくない時です。

 

体調と相場に関係しないと思う方もいるだろうが。

 

思ったより影響します。

 

コンディションが悪い時は、市場の決断しなければいけないところで必要不可欠な判断を下すことが難しくなります。

 

やる気がわかない時は、市場から離れる事も大事な事です。

 


関連記事

  1. 電話占いピュアリ|当事者は...。

    調査をお願いする場合、事前に最優先で聞いておかなければならないのは、素行調査の料...

  2. マイナスになる確率

    実際にノートパソコンの前に座っていつも変動している相場を見てしまうとどことなく売...

  3. 毛がボーボーの彼氏にムダ毛の文句を言われて正直ムカつく

    男性が追い求める文句なしの女性像にムダ毛というものはありません。更に、ムダ毛があ...

  4. テスト

    テスト記事です。...